ありのまま、良くならない自分も受け入れる

ブログ
スポンサーリンク

最近鍼にはまってるさくさこです。

しかしながら藤川理論はもう2年経過の3年目、パーソナルトレーニングは休みながらも1年ちょっと通ってます。

今更、まだメンテナンスするの?

と、思われるかもしれませんが、まだまだ私は不調があるのです。

スポンサーリンク

栄養療法は効果を感じない時期もある

私の場合、藤川理論はそもそも喘息の改善がスタートでした。

実は喘息は、気管支が粘膜なので改善早いです。

私の場合3ヶ月もかかっていません。

悪化し、慢性化する前に藤川理論にたどり着いたのもありますが。

しかしながらどうしても停滞期もあります。

一度目の停滞期は初めての夏

喘息自体は改善しても、1年目の夏はさすがに夏バテしました。

ねこさまが急遽入院し、精神的なストレスと金銭的なストレス(入院費が40万近くかかった・・・)もあったのですが、単純に夏バテだったと思います。

食欲が落ち、刺身しか食べたくない!プロテインも飲みたくない日々が続きました。

2度目の停滞期は1年後~2年目

2度目の停滞期は1年後です。

栄養療法を1年やって多少元気になって動きたくなり、パーソナルトレーニングをはじめました。

トレーニング自体は頑張って続けましたが。

月1回測るInBodyの数値がびくともしない!停滞しすぎ!

筋肉が全く増えないし、体内の栄養もひどい状態(;^ω^)

それが続くのでさすがに凹みます。

そんな状態がずーっと1年間続きました。

途中でパーソナルの他に自分でジムも行きだしましたが、疲れが残って頻繁に行けないし、やはり数値はびくともしないのです(;^ω^)

さすがに自分の身体にがっかり感が。

そして時は満ちた!

栄養療法3年目になり、筋トレの効果が出だしました。

ウォーキングに力を入れたのも良かったと思いますが、時が満ちてきたのだと思います。

体重が減り、筋肉が増えてきました。

タウリンの効果もちょっとあったかな?

栄養不足の身体には時間がかかります。

他の調子が良くなると背中の硬さが気になる

他の調子が良くなり、脚は筋膜リリースしてるし、肩もちょっと緩んできたら、背中の硬さが今度は気になってきました。

少しづつ良くなることで、次に改善すべきところが見えてくるのだと思っています。

停滞する時期は栄養療法を楽しもう!

栄養療法は時間がかかります。

停滞する時期はありますが、確実に身体はちょっとづつ変わっています。

その時に必要なことを楽しみながら実行して、ありのままを受け入れあーうまくいかないなぁ、と思ったらTwitterで呟けば色んなアドバイスをくれる人も沢山います。

時間はかかりますが、のんびり続けましょう(*’ω’*)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました