不安を煽る人からは離れよう

ブログ
スポンサーリンク

栄養療法をやっていると、〇〇の飲みすぎは危険!と、いう文言に行き当たり、不安感を持つ人がいます。

根拠のないことで、不安感や恐怖感を煽る人は、本人は無意識かもしれませんが、相手をコントロールしようとしていることがあります。

人間の身体はよくできていて、結構丈夫です(*’ω’*)

自分の細胞と免疫を信じましょう。

スポンサーリンク

サプリは危険なのか?

出どころの怪しいダイエットサプリや、飲んだらバストアップするとかそういうサプリメントはおいといて。

一般的なビタミンやポリフェノール、スカベンジャー、ミネラルで大きな問題が起きることはほとんどありません。

今のところ私自身が体感したものとしては、ナイアシンと亜鉛は注意が必要です。

ナイアシンは身体が赤くなりだるくなりました。

亜鉛は実際調子が悪かったときに嘔吐したことがあります。

それ以外のビタミンやミネラルで大きな不調が出ることは私の場合ありません。

栄養不足の身体にはダメージが大きいので、人によっては多少の不調を感じたりすることはあると思います。

しかしながら、ビタミンやミネラル飲んで大きく問題が起きることは難しいですね(*’ω’*)

飲みたくない時は休めばいいのです。

ビタミン飲み始めてから、不調で病院に行くこともほぼありません。

胃腸炎は時々やってますが(先日もやりましたが翌日は元気)、私の場合胃腸が弱点なんでしょう。

多くの不調は栄養不足の身体の状態が原因

栄養療法を始めた人でよく見るのが、今まで低栄養だったのにあわてて沢山のサプリを飲んで調子を崩しているケースです。

ちょっとまったぁぁぁぁぁぁ!

たんぱく質を沢山消化できない身体には、サプリメントが負担になることもあります。

慌てず、食事とプロテインメインで、サプリはあくまで補助的に使ってくださいね。

サプリは増やしたり減らしたり試してみる

サプリメントを規定量飲むことが目的ではありません。

まずは食事をしっかり食べられること、プロテインが飲めること、そこが最優先です。

なぜ不安を煽る人がいるのか?

①大人の事情

サプリメントは色んな問題で推奨されません。ビタミンがなぜ追いやられているか、しかしながら製薬会社が販売し、実際薬としても販売されているのか、考えましょう。

②不安を煽っている人もよくわかっていない

本人が悪気なく自分の不安を吐露しているだけのこともあります。

③実際その人は不調になった

栄養不足だったり、体質だったり、他に飲んでいるサプリメントの栄養素とのバランスで不調を起こすケースはあります。
それが万人に当てはまるわけではありません。

④単なるポジショントーク

どうしても派閥のようなものができたりします。
気にせず我々はいいとこどりしましょう(*’ω’*)

⑤相手を依存させたい

不安感を煽る人の中には、隠れた支配欲が潜んでいることがあります。
不安感につけこまれないように、自分でしっかり勉強しましょう。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました